令和2年の支部会はコロナウィルスの状況を考慮しています。


5月半ば、愛知県は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除になりました。

学校などは分散登校が始まり、6月1日からは、給食も始まる一般登校が始まるようです。

自粛していた飲食店なども、通常営業が始まったりしております。

経絡治療を学ぼうとしている私たちも、勉強会を開始する準備を始めたいところですが、会場となる名古屋市総合リハビリセンターより、会場使用の見合わせの連絡が入ってまいりました。

当施設は、リハビリの病院を併設しており、障害のある方が通院・入院されていることもあり、施設の閉鎖を継続されることに納得がいくところです。

自粛を解除したことにより、第2波と思われるクラスターも所々で発生しているようです。

なので、当施設の閉鎖解除を待ちながら、もうしばらく支部会開催を見合わせたいと思います。

会場からの連絡が入りましたら、またご連絡いたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


東洋はり医学会 東海支部
支部長 石黒春美

内容

午前 会務報告・基礎講義・治験発表

午後 実技及び質問会

※実技は経絡治療の鍼の刺し方

※模擬患者を通しての実際の「診断」と「治療」の研修


聴講料

一般 3,000円

 学生 2,000円


連絡先 支部長  石黒 春美

電話 0568−82−893

携帯 090−8072−7997(こちらにご連絡ください)

E-mail:pa37284@fc4.so-net.ne.jp